上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リラックス

・床に横たわり、目を閉じ、心を落ち着ける。
・両手を下腹に当て、息をスーッと吐きながら、腹の皮が背中にくっつくらいの気持ちでへこませる。息を吐ききるまで8秒くらいかける。この時、体中の邪気が抜けてすっかりリラックスする、とイメージする。
・次に8秒かけて息をスーッと吸い込み、腹部をできる限り膨らませる。この時、新鮮なエネルギーが頭のてっぺんから入ってきて、細胞が活性化される、とイメージする。
・以上を、5分くらいかけてゆっくり何回も繰り返す。


自律神経中の副交感神経が活性化され、心身がリラックスする。イライラがなくなり、アルファー波シータ波が出やすくなる。

逆呼吸法

・背筋をまっすぐにし、肩、手の力を抜き、リラックスする。立った姿勢でも、座った姿勢でもかまわない。
・ゆっくりと鼻から息を吸い込みながら、下腹をへこませる。
・吸い終わったら、いったん息を止める。
・次に、ゆっくりと息を吐き出しながら、下腹を膨らませる。
・吐くときと吸うときの時間の比率は、2対1ぐらい。
・毎日、朝夕5分間くらい続ける。長期間練習を続けると自然に長い息が楽にできるようになる。1分間に3回程度の呼吸数になればよい。


集中力の増強、血液の浄化、肺と内蔵機能の強化、気の充実

イメージ呼吸法

・全身が1本の固い棒になったイメージをして、体を固く硬直させる。両手は体側に揃え、首を縮めて腰をグッ、グッ、グッと3段階に分けて上に持ち上げ、弓なりに固く硬直させる。これを8秒間かけて行う。
・次に体の力を一瞬にして抜き、体をリラックスさせる(8秒間)。その後さらに力を抜く。最初は体の緊張をゆるめることに重点を置き、2回目は心の緊張を抜くことに重点を置く。そして「自分はリラックスした。心身ともにすっかり緊張がとけて、深くリラックスしている。」とイメージする。
・これを2回繰り返す。


脳内ホルモンの源泉である松果体が鍛えられて目覚め、脳内ホルモンの分泌が促進され、右脳開発が進みやすくなる。


tag : 自律神経 副交感神経 リラックス アルファー波 シータ波 緊張

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド

自律神経失調症 自律神経 ストレス リラックス 治療 緊張 肩こり 生活習慣 便秘 不安 不眠 ウォーキング  改善 疲労 病気 ヨガ セロトニン 交感神経 睡眠障害 うつ 健康 ピラティス 下痢 過敏性腸症候群 症状 自律神経失調症改善 副交感神経 太平洋沖地震 呼吸法 神経回復 高血圧 ジョギング ストレッチ 頭痛 植物 ハーブ 食生活 十二指腸潰瘍 胃腸機能障害 自己回復 自律訓練 チェック 腹式呼吸 シータ波 過食、絶食 ダイエット 過労 徹夜 原発事故 自律神経失調症チェック マッサージ 緊張型頭痛 整体師 克服 アロマ パニック障害 不眠症 サプリメント 精神バランス ライフスタイル アルファー波 自己啓発 抗うつ 自律神経失調症症状 不定愁訴 慢性疲労症候群 被災地 自律神経失調症を強制的に抑える 過眠 

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フリーエリア
seo great banner
  • SEOブログパーツ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。