上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食生活

食生活・生活習慣を見直すことにより自律神経失調症を改善へと導きます。

バランスのとれた食事「一日三回」やお酒や不規則な生活リズム。

そしてビタミンの摂取も重要視されています。

ビタミンでもB・Cが重要になります。まずビタミンBは脳の活動に影響があるといわれています。

ビタミンBが不足すると脳の働きが活発に活動することができず精神を支える上で必要不可欠という事です。

ビタミンBを多く含む食べ物は牛レバー、鶏レバー、納豆、豚ロース・ヒレ、卵などが挙げられます。

ビタミンCはストレスへの抵抗力に必要な副賢皮脂ホルモンを作るために必要で不足するとストレス耐性も

おのずと低下してきます。そうすることにより抵抗力が弱くなっていきます。

ビタミンCを多く含む食べ物はジャガイモ、サツマイモ、ブロッコリー、イチゴなどが挙げられます。

日々の生活の中でストレスが強い人ほどこれらを積極的に取り組んでいく必要があります。

そして食事を夕食メインから朝食メインに切り替え、糖分やお菓子やジュ―スを避けましょう。

そしてこれらのバランスが崩れると体が酸性になり無気力・脱力感、疲労の蓄積などの症状が現れてきます。

生活の面では交代制の仕事などはかなり負担をかけるので本気で治したいなら避けてください。

活力ある生活を送るのであれば忙しくても食生活の充実を心がけてください。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

tag : 食生活 生活習慣 自律神経失調症 ストレス

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド

自律神経失調症 自律神経 ストレス リラックス 治療 緊張 肩こり 生活習慣 便秘 不安 不眠 ウォーキング  改善 疲労 病気 ヨガ セロトニン 交感神経 睡眠障害 うつ 健康 ピラティス 下痢 過敏性腸症候群 症状 自律神経失調症改善 副交感神経 太平洋沖地震 呼吸法 神経回復 高血圧 ジョギング ストレッチ 頭痛 植物 ハーブ 食生活 十二指腸潰瘍 胃腸機能障害 自己回復 自律訓練 チェック 腹式呼吸 シータ波 過食、絶食 ダイエット 過労 徹夜 原発事故 自律神経失調症チェック マッサージ 緊張型頭痛 整体師 克服 アロマ パニック障害 不眠症 サプリメント 精神バランス ライフスタイル アルファー波 自己啓発 抗うつ 自律神経失調症症状 不定愁訴 慢性疲労症候群 被災地 自律神経失調症を強制的に抑える 過眠 

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フリーエリア
seo great banner
  • SEOブログパーツ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。