上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症状

自律神経が乱れてくると色々な症状が出てきます。

不眠症(眠りが浅いのも含む)・消化不良・お腹が膨れる感じ・ノドの狭窄感・イライラ感・体から黄色いものが

出る(目やに・黄色い鼻水や痰、おできや吹き出物)、肩こりがなかなか治らないなんてのも自律神経失調症の疑

いがあります。

冷え・便秘・クビを触ったときに咳が出る・心臓がドキドキする・焦燥感・呼吸が苦しい・冷たい空気を吸うと咳

が出る・まぶしく感じるなどの症状が考えられます。

更に恐い夢や追いかけられる夢を見ることもありますし、ゲップが多く、いつまでの止まらないなんてのも一つの

自律神経失調症の症状です。

同じ自律神経失調症と言っても、症状が消化器系に出る場合もあれば、循環器系に出る場合もあり、あるいは目に

出る場合もあります。


なんで自律神経失調症には、こんなにたくさんの症状があるのでしょうか?


それは、自律神経が体のいたるところを司だっているからです。


眼科系も循環器系も呼吸器系も消化器系、その他にもたくさんの場所を自律神経はコントロールしています。


ですから一口に自律神経失調症と言っても人により出る症状は様々なのです。

なので上記の症状が出てきたら、自律神経失調症になっているか、なりかけていると思って、生活を見直すことを

おすすめします。

交感神経を興奮させすぎることが多いので、上記の自律神経失調症の症状が出たときには、リラックスするといい

でしょうね。

「時間があれば休もうと思ってるんだけど、なかなか忙しくて…」

という方もいらっしゃいますが、時間があったら休もうと思っている限り休めません。

休むための時間を先に確保して下さい。

自律神経失調症の症状が出ている方の優先順位は、仕事でも家族サービスでもなく、あなた自身が休むことです。


tag : 自律神経失調症 自律神経 不眠症 便秘 交感神経 肩こり

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド

自律神経失調症 自律神経 ストレス リラックス 治療 緊張 肩こり 生活習慣 便秘 不安 不眠 ウォーキング  改善 疲労 病気 ヨガ セロトニン 交感神経 睡眠障害 うつ 健康 ピラティス 下痢 過敏性腸症候群 症状 自律神経失調症改善 副交感神経 太平洋沖地震 呼吸法 神経回復 高血圧 ジョギング ストレッチ 頭痛 植物 ハーブ 食生活 十二指腸潰瘍 胃腸機能障害 自己回復 自律訓練 チェック 腹式呼吸 シータ波 過食、絶食 ダイエット 過労 徹夜 原発事故 自律神経失調症チェック マッサージ 緊張型頭痛 整体師 克服 アロマ パニック障害 不眠症 サプリメント 精神バランス ライフスタイル アルファー波 自己啓発 抗うつ 自律神経失調症症状 不定愁訴 慢性疲労症候群 被災地 自律神経失調症を強制的に抑える 過眠 

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フリーエリア
seo great banner
  • SEOブログパーツ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。